お歳暮

完全保存版●肉ギフト選びのpoint3つ

「こだわり」で感謝の気持ちが伝わる(1/2)

ギフトを渡すギフトと聞いて多くの人が思い浮かべるであろう「お肉」ですが、贈るときには注意したい点があります。

ズバリ、相手の好みに合ったお肉を知ること!


「でも、お肉のこと詳しくないし、好みもわかんないんだよね」

「とりあえず、有名なブランドのお肉を送っとけばいいんじゃない?」

そう思っているあなたは要注意です。


あなたの周りに、お肉に並々ならぬこだわりを持っているご友人はいませんか?


行きつけの肉屋があったり、穴場のホルモン屋にやたらくわしかったり。

焼肉で、好きなようにお肉を焼かせてくれない、なんてご友人もいるかもしれません。


実は、お肉の焼き方や種類にうるさい人って、そのご友人だけじゃないんです。

最近は「焼肉奉行」「肉女子会」なんて言葉があるくらい、お肉好きはたくさんいるんです。


そんなお肉大好きな人に「とりあえず」で有名ブランドのお肉を贈ってしまうと、その「とりあえず」感が伝わってしまうかもしれないんです…!


でも、わざわざ相手にお肉の好みを聞くのも、抵抗がありますよね。


そこでおすすめなのが、「こだわり」のみえる肉ギフトを贈ることです。


あなたからもお肉へのこだわりを見せることで

「いつもお世話になっているあなたのために、じっくりえらんだギフトです」

伝えるのです。


ここからは、お肉えらびでぜったい外さないために、押さえておきたいこだわりポイント3つご紹介します!

【こだわりポイント1】お肉の種類や部位


部位

特徴

合う料理

肩ロース

脂肪が適度につき、ほどよい食感

すき焼き、焼肉

モモ

脂身が少なく、硬め

牛丼、ローストビーフ、カレー、ビーフシチューなど

ハラミ

脂肪が多く、柔らかい

焼肉

肩ロース

脂身が多く、濃厚な味わい

とんかつ、角煮、生姜焼き

バラ

脂身が多く、こってり目

焼肉、角煮

モモ

脂身が少なく、あっさりとした味わい

ローストポーク、チャーシュー、角煮


種類や部位をえらぶときは、

家庭で調理しても、簡単にお店のような味わいが楽しめるか?」

という点に注意しましょう。


肉は種類や部位によって味わいや調理方法が大きく異なります。


例えば、牛モモ肉のなかでも外モモは脂身が少なく硬いため、煮込む料理に向いています。


この部位を焼肉として使ってしまうと、

「硬くて、あまり美味しくないお肉だな…」

と思ってしまうかも…。


他にも、下ごしらえをしないと硬くなってしまうようなお肉もあります。


焼くだけでお店の味を楽しめるようなお肉をえらべば、

「美味しいお肉をすぐに食べられて、得した気分!」

と思ってもらえるんです。

次の記事へ

コメントする

名前

URL

コメント

みんな注目している【人気商品】

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

・定休日:土、日、祝日
・営業時間:9時~17時

ページトップへ